健康の知識を整理しよう

人間はスポーツをするから健康になれるのか

人間はスポーツをするから健康になれるのか、それとも健康だからスポーツができるのか。
スポーツにはいろいろな種類があります。
そして、プロが行う高度なスポーツもあれば、素人でもできるスポーツもあります。
運動神経が無いからスポーツは嫌いという人がいますが、それは自分に合ったスポーツに出会っていないだけのことです。
短距離走は苦手でもマラソンのような長距離走には向いている人もいるのです。
ですから、チャレンジ精神をもってどのようなスポーツにも一度は挑戦してみることが大切です。
スポーツに集中するとその他のことを忘れることができます。
それは仕事や家庭でのトラブルであったり、その他の不安なことでもスポーツをすれば一時的ですが忘れることができるのです。
ですから、スポーツはストレス解消に良いと言われる所以です。
ストレスがたまりすぎると精神的に異常をきたすことがあります。
体は良好な状態であっても心が異常であれば健康とは言えません。
スポーツをすると体を鍛えることができますから体は良好な状態になります。
そして、ストレス発散にもなり精神的にも良好な状態になれるのです。
ですから、人間はスポーツをするから健康になれるということができます。
スポーツをすると汗をかきます。
そして、汗をかいた後のビールはたまらなくおいしいものです。
ビールをおいしく飲むためにスポーツをするという人もいますが、飲みすぎは体のために良くありません。
アルコールは百薬の長とも呼ばれますが、飲みすぎるとアルコール依存症になったり、肝硬変になってしまいます。
こうなると精神的にも肉体的にも健全ではありません。
そして、スポーツもやりすぎには注意が必要なのです。
せっかく体と心を鍛えるためにスポーツを行っても、やりすぎてしまうと、体を故障してしまうことがあるのです。
そして、スポーツができないためにストレスも溜まっていきます。
ですから、何でもほどほどが良いのです。